妊娠初期は、薬は飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

元気な子供を産みたいということであれば、できるだけ薬をのむことは避けたほうがよいでしょうね。

 

薬の種類にもよると思うのですが、まずはかかりつけのお医者さんに相談するのも一つ、または産婦人科のお医者さんに相談するのも一つです。

 

セカンドオピニオンという言葉もある通り、両者に相談するのもいいと思います。

病院では、診察前にアンケートを書かされると思います。

その際に妊娠中なのかどうか、という回答欄があるので、妊娠しているのであればそれに適した薬を出されるか、もしくは薬を出さないで他の方法を考えてもらえると思います。

 

本当に心配であれば、処方された薬局にも相談してみてもいいかもしれません。
処方を指示した医師、産婦人科、薬剤師それぞれの意見が違ったら、無難な方を考えてみればいいんじゃないでしょうか。

 

持病のものに対してのお薬の場合はどうしたらいいのでしょう?

判断が難しいところですが、これも処方しているお医者さんに相談してみましょう。

せっかく妊娠したのだから、やっぱり産みたいものですよね。これが妊娠は避けた方がいいということであれば、他のお医者さんにあたってみるというのも一つです。

妊娠している間、出産まではなんとかならないか、納得のいくまで相談してみましょう。

私のいとこが、なんでもかんでも薬に頼ってしまう部類の人で、ちょっとどうなのかなって思っていました。なんでもかんでも市販のものを気軽に飲まないように注意しましょう。

 

市販の薬の場合は、裏の注意書きとかに妊娠中の方はお控えください何ていう風に書かれていると思うので、飲む前にしっかりと確認しておきましょう。

 

妊娠初期は胎盤がないから、ダイレクトに赤ちゃんに食べたものの養分が届いてしまいます。これがいいのか悪いのか、という感じなのですが、いいものも悪いものも届いてしまうので、その辺はちゃんと考えてものを食べていかないといけないと思いました。

 

もちろん薬だって例外ではありません。
飲まなくても大丈夫な薬であれば、飲まなくていいのです。そもそも飲まなくていもいい薬なんてのは処方されないと思うのですが、微妙なものは我慢してもいいんじゃないかな、と思っています。

 

飲む飲まないの判断は、最終的にはあなたが行うのですが、最悪の場合を避けるためにもよく考えて判断したいところ。

「薬のせい」にはしたくはないですからね。

 

飲むのを控えておいたほうがいい薬

  • 睡眠薬
  • ワクチン類
  • ホルモン剤
  • 抗がん剤

どれもよく考えるとなるほどなぁ、と言う感じですね。

 

胎児の状態は?

先程も書きましたが、大事は胎盤を通して、母体から酸素、栄養を受け取っています。

例外はあるのですが、だいたいの薬剤は胎盤を通過します。普通であれば、胎児の発育に影響はしないとされています。また、母体や胎盤での代謝にも影響したりするほどの量ではないということも。

胎盤を通ってしまう薬剤は、結合蛋白、蓄積量、分子量、イオン化、脂溶性の度合い、母体の代謝によって、量の影響が懸念されます。