妊娠中での食事は、いろいろと不安を覚えてしまいますよね。

不安を解消する為にも、本やネットなどでしっかりと妊娠中に積極的に食べた方や良いもの、食べない方が良いものの情報を収集し、常にそれらの食品を摂取するように心がけていると思います。

 

そういった心掛けがあるのとないのとでは、妊娠後期になって、体調などが全然変わってくると思います。

 

私は、実はラーメンが大好きで、普段から屋台のラーメンやカップラーメンなど、ラーメンと名のつくものでしたらなんでも食べていました。

 

しかし、ラーメンには塩分がたくさん含まれていますから、妊娠中から母乳をあげている時期までなるべく食べないように心がけていましたよ。

 

可愛いわが子の為なら、我慢できますよね!?

 

具体的に妊娠中に摂取した方が良いというものは、やはり野菜です。
特にブロッコリーやホウレン草などの緑が濃い、緑黄色野菜の割合を増やして食べていくと良いでしょう。

 

妊娠中はお腹もだんだんとせり出してきて、なかなか買い物に行けなかったり、重い荷物を持てなくなったりしますから、無理をせず、旦那さんなどの周りの人の協力を得たり、宅配などをうまく利用するなどして、野菜中心の食事を心掛けるようにしてくださいね。

 

また、つわりなどがひどくなかなか食べることができない人などは、たくさんの野菜や果物などを一気にブレンダーなどでスムージーにして飲んだり、葉酸などのサプリメントを使って補給したりするとうまくいくと思います。

<妊娠初期で便秘になったら?>