妊娠中の栄養については、自分の体だけでなく、赤ちゃんの体にも関わってきますので、特に注意してできるだけいろいろな栄養素をバランス良く摂取していかなければなりません。
妊娠初期に関しては、特に葉酸を摂取することが重要だと言われています。
妊娠初期に葉酸を摂取すると、流産のリスクを避けることができたり、奇形児が生まれてくることを避け、健康な子供が生まれるのを助けてくれるのです。

ビタミンAが意外にも良くない

 
ですから、本当は妊娠がわかった時点で摂取するのではなく、赤ちゃんが欲しいと思った段階で計画的に飲み始めるのが良いようです。
赤ちゃんはどのような形でも生まれてきてくれればうれしいという考えの方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、何らかの障害を持って生まれてきたら、これからの長い人生において、お母さんの負担も増えてしまいますので、健康にこしたことはないのではないでしょうか。
また、葉酸によって健康な子供が生まれる確率があがるのならば、妊娠中のお母さんたちも余計な心配をしなくても良いので、心穏やかに妊娠中を過ごすことができるのではないかなと思います。
実際の厚生労働省が推奨している葉酸の一日摂取量は400μgです。
しかしこの量を、一日の食事で補給するのは、正直なかなか難しいですよね。
また、妊娠初期のつわりがある時期などでは、なおさら難しいです。
ですから、サプリメントなどを上手に取り入れて、是非ともたくさん葉酸を摂取して、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。