流産になる食べ物なんてある?

直接的なものはないとされています。

冷たい食べ物に注意が必要です。

特に暑い季節、夏などにアイスを食べたくなりますよね。
夏は普通にアイスを食べるのが普通だと思っていたら、それは注意する必要があります。

ちょっとぐらいなら、って思うかもしれません。本当にちょっとだけならそれでいいと思います。

なので、旦那さんと2人ではんぶんことか、ちょっとだけもらうとかにしておきましょう。

コンビニとかに売っているアイスを買った場合、1個食べなければならなくなります。

できれば半分くらいにしておきましょう。

では、冷たい食べ物は何が行けないのでしょう?
小さい頃によく冷たい食べ物を食べるとお腹を壊しませんでしたか?大人でもそうですが、下痢になってしまう可能性があるということなんですね。

これで血行が悪くなります。血行が悪くなると、お腹の中にいる赤ちゃんに対しても、血行が悪くなるということなんですよね。
そうなると、届けるべき栄養も届きにくくなりますし、従来100%届いていたものが、そうでなくなる可能性も考えられるわけなんですね。

その他にはアロエがよくないともいわれています。
アロエは子宮に良くないとされているんですね。
子宮収縮作用があるとも。これが早産であったり、流産につながってしまう可能性も無きにしもあらず、ということなんです。

アロエって良いと思っていたのですが、妊娠中はよくないということなんですね。

その他に、有名なのはお酒などのアルコール類、コーヒーも避けたほうが良いとされていますね。

アルコールやカフェインは赤ちゃんに良くないんですね。
子供がアルコールを飲んではいけないのと同じだと思います。

嗜好品をいきなりやめることができればいいのですが、それが原因でストレスになってしまっても、という考えもあるくらいなので、少しずつ考慮していくようにしましょう。