アレルギーはどうなる?食べ物で決まる?

妊娠初期で食べるもので、産まれてくる赤ちゃんのアレルギーって
決まってくるものなんでしょうか。
妊娠中に食べるものでアレルギーになったりするんですか?
いろいろとその辺は心配になってきます。

アレルギーは、産まれてくる赤ちゃんには、食べものによる直接の影響はないでしょう。

でも、遺伝はあるんですね。例えば父親がアレルギー持ちだったりすると
それが遺伝してしまうことも十分に有り得るわけです。

できれば赤ちゃんにはつらい思いはさせたくないですよね。
お腹の中にいる時に対処できることがあれば、苦労はセずに済むわけですから。

やっぱり自分が辛いと思っていることを、子供にはさせたくないんですよね。
でもこういうところに遺伝がはたらいて、アレルギーになってしまうおそれってあるんですよね。

気をつけなければならないのは、ピーナッツ。これは
アナフィラキシーショックなんかにかかってしまうおそれもあるので
ここは気をつけておきましょう。

アナフィラキシーショックというのは、植物アレルギーでは重症な方です。
重度なI型アレルギーというもので、血圧が急激に低下してフラフラして倒れてしまったり、意識が飛んでしまったりと
ちょっと危ない状態になる可能性もあることなんですね。

あくまで可能性なので、気にしなくてもいいといえばいいのですが
避けれるものは避けるということで私は食べませんでした。好きでしたけど。

あとは、アレルギーとは関係ないですが、バランスよく食べることを心がけましょう。
これだけはドコに行っても言われると思いますが、それほど重要な事なんです。
どうしても偏ってしまうなんて時もあります。そんな時は、偏ってしまったことを戻すためのものを
食べる、ということもアリといえばアリだと思いますよ。

まとめ
・食べ物で赤ちゃんにはアレルギーの影響はない
・ただし、両親のどちらかがアレルギー持ちならば、それが遺伝する可能性はある
・アナフィラキシーショックの可能性がゼロではないので、ピーナッツには注意すること

アレルギーといえば花粉症ですよね。
私は花粉症なので、これも子供に遺伝するのかなぁなんて心配していたのですが、
これは必ず遺伝して花粉症になってしまうなんてことはないそうです。
花粉症についてはまだ望みはありますよね。