妊娠中にお菓子(おやつ)は食べていいのでしょうか?

 

妊娠中に食べていいおやつがあります。

 

あえて、妊婦さん向けというわけではないのですが、妊娠中でもOKというおやつは意外とあります。

 

しかし、妊娠前に食べていたようなおやつと、同じものを食べることは難しいかもしれません。

 

ポテトチップス系のものが好きで、職場での休憩時間に少しつまんでいました。「揚げ物系のおやつはよくない」とお医者さんには控えておくように言われましたので、食べないようにしていました。

 

どうしても食べたい、というときはあまり無理をせずに、少しだけならいいと思いますが、その時は食べ過ぎに注意しましょう。

 

やはり気にするべきところの一つに体重が増えすぎないように注意することです。

オヤツはなかなかのcカロリーなので、間食というイメージは一旦忘れてしまってもいいかもしれませんね。

 

 

ポイントは、1日の摂取量を100キロカロリーから200キロカロリーを一つの目安とすることです。

体重管理するように、商事制限など注意を受けている人は、この限りではありません。

 

 

気にするべきところは他にもある

血糖値を気にするようにしましょう。いっきに食べてしまうと、血糖値がグググッと上がってしまう恐れがあります。これを防ぐために、小分けして食べるようにしていくことがポイントです。

 

おやつを小分けして食べると、血糖値が上がりにくくなります。

 

血糖値が安定すると、皮下脂肪がたまるのを予防することになります。太りにくい体になっていくということですね。

 

小分けして食べるということと、長時間かけて食べるということは、なんとなく似ている感じもしますが、影響は全く違います。食べ続けていると、これはこれで、いろいろとよくありません。時間を分けて食べることが大事なのです。

 

 

どんなおやつを選べばいいの?

おやつはできるだけ、鉄分、カルシウム、食物繊維、葉酸が入っているものを選ぶようにしましょう。すべて入っているものはムズカシイと思うので、せめて1,2種類は入っているものを選ぶようにしたいですね。

 

これは、妊婦さんに必要な栄養素なので、おやつを食べながら、摂取できるので、大きなメリットになりますね。

 

妊娠してから時間が経過すると、段々と食べ物の趣向が変わってきます。急に甘いものが欲しくなったり、揚げ物が食べたくなったりしてくるのです。少しくらいならいいのですが、やはり食べ過ぎは禁物。

 

妊娠中に太りすぎて、体重過多になるとリスクが大きくなります。そこから妊娠糖尿病につながってしまうおそれも。

 

わかってはいるのですが、それでも食べたくなるという場合は、和菓子を選んで食べるようにするのも一つです。和菓子はカロリーが低いのでギリギリセーフと言った感じでしょうか。

 

おやつを食べすぎたかな、と思った場合は、野菜などを食べてバランスをとるようにするのも、一つの応急処置になると思います。

しかし、そればかりやると体重過多は免れません。

→ 妊婦さんにとって栄養たっぷりのおすすめスムージー

 

まとめ

  • 妊娠中に食べていいオヤツはある
  • しかし、食べ過ぎは注意
  • どうしても食べたい時は和菓子を選ぶ